IBERIA STAFF Blog

その他

title

フラメンコ普及委員会

水曜のブログだけを楽しみにしているあなたに送る
魅惑のひと時。

先日、某外資系CDショップに足を運んだところ
フラメンコ・コーナーがワールド・ミュージック内の
ネコの額ほどのスペースしか設けられておらず、
世の実情を身をもって体感した私…
ラテンミュージック・ブームの昨今、
フラメンコもガッツリ食い込ませていきたいところです。

さて、今週の一枚はコチラ↓↓↓
ホセ・メルセ / グランデス・エキストス (グレイテスト・ヒッツ)

José Mercé / Grandes Éxitos

José Mercé / Grandes Éxitos



ご存知、ヘレス生まれの大人気カンタオールのベスト盤!!
オーソドックスなフラメンコスタイルが17曲収録されています。

が、今回の注目は6曲目の“Clandestino”です。
タイトルでピンときたあなた!

正解!!

そうなんです!
あのマヌ・チャオの大ヒット・ナンバーのフラメンコ・カバーなんです!!

マヌ・チャオといえば、
ジョー・ストラマー、ボブ・マーリーと肩を並べる
REBEL(反逆の)アーティスト!!
しかも、唯一ご存命…。
この辺のアーティストがきっかけとなり、
ロック・パンク経由ワールドミュージック行きの
列車に飛び乗った人もかなりいるハズです。
(もちろん片道切符を握り締めながら…)

で、本題の“Clandestino”。
マヌの原曲はレゲエ・アレンジの哀愁ナンバーですが
ホセ・メルセは直球アレンジ!
冒頭の流れるようなフラメンコギターの旋律から
パルマ(手拍子)、カホン、カンテ(歌)と順にくる構成は
原曲よりも厳か、且つ叙情性豊かな本格的フラメンコそのもの。
後半のClandestino + 国名のコーラスもバッチリ決まっていて
聞く価値大です。

DJのネタとして使ってみてもいいのでは??
というか自分でやるかな…

フラメンコDJ…

あんま聞かない名称ですね…

店頭では視聴も可能ですので、
お気軽に遊びに来てください。

7Fの湿布Man

date
23 12月 2009
category
その他
posted by
iberia